8歳の娘が買ったディズニーシーのおみやげ

8歳の娘が買ったディズニーシーのおみやげ

この間日本に里帰りした際、姉夫婦と姉の友人、私と2人の子供達6人でディズニーシーに行った。
夕方からの入場にもかかわらず混んでいたけど、アトラクションに乗ったり、パレードを見て楽しんだ。
最後におみやげ屋さんに行った。中は予想通り人でごった返していた。

 

はぐれないように子供達と手をつないで店内を見て回る。
その時8歳の娘が携帯電話を入れられる小さな袋見たいのが欲しいと言っていたので一緒にをさがしていた。
あるコーナーの棚にちょうど携帯が入れられるような袋が置いてあった。
時間をかけて迷っている娘に、早く買い物を済ませて人ごみから出たいと思っていた私は、
これがいいんじゃないと私が選んだものを半場強制で勧めていた。
携帯電話に合う入れ物としてはあまり種類はなかったと思う。
けどそれでもたしか不思議の国のアリスの写真がついた小さなビニール製の袋で、
長い紐がついていて首にかけられるようになっていた。
”カワイイしこれにしなさいよっ。”言っていると、突然棚の下から取り出してきたものを見せて”これにするよ。”
と言って見せたものは、小さいポーチみたいだった。
びっくりしたのがそれはさわり心地の良さそうなヒョウ柄模様の生地にピンク色のジッパーがついて、
ヒョウ柄生地の上に女の子のどくろマークがついていたものだった。

そのマークの脇に小さなミニーちゃんがいた。
8歳の子が選ぶにしてはちょっと意外で、何で娘はこんなの選ぶのかショックだった。
そばによってきた姉夫婦と姉の友人もびっくりして、やっぱり将来デザイナー目指しているだけあって
選ぶものがすごいと言っていた。

 

後で娘によく聞くと、アリスのは可愛すぎて学校に持っていっても、
彼女の住んでいる北欧の学校のクラスメートには、子供っぽいと言われに受けないらしい。
あとアリスの袋はジッパーなど蓋らしきものがなく使えないと思っていたと。
たしかに日本ではカワイイものが受けるが、私達が住んでいる北欧の子は子供の時から大人っぽい柄を選ぶのだ。
娘は子供心にきちんと使いわけているのだった。