大雪の翌日に雪道を車で走る

大雪の翌日に雪道を車で走る

今週の金曜日に降った雪もすごい積もりましたね。
本当ならそんな翌日の土曜日は家でのんびりと過ごしたかったのですが、
どうしても外せない用事があったので車で出かけました。

 

ノーマルタイヤなのでチェーンをつけようかどうか迷ったのですが、
車の説明書に「どうしても必要な時だけチェーンを付けて下さい」とあったので、
何もせずに出発しました。

 

住宅街を走る道路や車通りの少ない道路などは、
その道沿いに住む家の方が雪かきをしてくれているところもありましたが、
あまり手がつけられていない所もありました。
そんな所はわだちを頼りに、ゆっくりと進んでいきました。
対向車が来た時は「どうしよう」と一瞬あせりましたが、
反対車線の車が手前の空いている所で待っていてくれたので、
スムーズにすれ違うことが出来ました。
時にハンドルを取られることもありましたが、四輪駆動でなんとか乗り切りました。

 

それに比べると、国道などの大通りは雪かきがされていたので特に問題はありませんでした。
しかし我々がとある国道の上り車線を走っていたのですが、
その下り車線では通常二車線のところ、
雪や乗り捨てられた車で一車線に減っている上、
トラックや乗用車が何キロにもわたって連なっていて、
全然動く気配がありませんでした。
車から降りて一服している運転手も数名いるほど。
きっと高速が通行止めだったせいだと思います。

 

無事に用事を済ませて帰ってこられるか心配でしたが、
そんな状況でも渋滞を上手く避け、スリップやスタックもせずに
家にたどり着くことができたので良かったです。